電子図書館 図書館.in

坂口 安吾

「坂口 安吾」に関連する電子書籍は、現在 415冊 登録されています。

| | | | | | | | |

あ行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
青鬼の褌を洗う女あおおにのふんどしをあらうおんなアオオニノフンドシヲアラウオンナ新/新
諦らめアネゴあきらめあねごアキラメアネゴ新/旧
諦めている子供たちあきらめているこどもたちアキラメテイルコドモタチ新/新
悪妻論あくさいろんアクサイロン新/旧
足のない男と首のない男あしのないおとことくびのないおとこアシノナイオトコトクビノナイオトコ新/新
新らしき性格感情あたらしきせいかくかんじょうアタラシキセイカクカンジョウ新/新
新らしき性格感情あたらしきせいかくかんじょうアタラシキセイカクカンジョウ新/旧
新らしき文学あたらしきぶんがくアタラシキブンガク新/新
新らしき文学あたらしきぶんがくアタラシキブンガク新/旧
あとがき〔『いづこへ』〕あとがき(『いずこへ』)アトガキ(『イズコヘ』)新/旧
阿部定さんの印象あべさださんのいんしょうアベサダサンノインショウ新/旧
阿部定という女 (浅田一博士へ)あべさだというおんな (あさだはじめはかせへ)アベサダトイウオンナ (アサダハジメハカセヘ)新/新
甘口辛口あまくちからくちアマクチカラクチ新/旧
雨宮紅庵あめみやこうあんアメミヤコウアン新/旧
哀れなトンマ先生あわれなとんませんせいアワレナトンマセンセイ新/新
アンゴウあんごうアンゴウ新/新
安吾巷談 01 麻薬・自殺・宗教あんごこうだん 01 まやく・じさつ・しゅうきょうアンゴコウダン 01 マヤク・ジサツ・シュウキョウ新/新
安吾巷談 02 天光光女史の場合あんごこうだん 02 てんこうこうじょしのばあいアンゴコウダン 02 テンコウコウジョシノバアイ新/新
安吾巷談 03 野坂中尉と中西伍長あんごこうだん 03 のさかちゅういとなかにしごちょうアンゴコウダン 03 ノサカチュウイトナカニシゴチョウ新/新
安吾巷談 04 今日われ競輪すあんごこうだん 04 きょうわれけいりんすアンゴコウダン 04 キョウワレケイリンス新/新
安吾巷談 05 湯の町エレジーあんごこうだん 05 ゆのまちえれじーアンゴコウダン 05 ユノマチエレジー新/新
安吾巷談 06 東京ジャングル探検あんごこうだん 06 とうきょうじゃんぐるたんけんアンゴコウダン 06 トウキョウジャングルタンケン新/新
安吾巷談 07 熱海復興あんごこうだん 07 あたみふっこうアンゴコウダン 07 アタミフッコウ新/新
安吾巷談 08 ストリップ罵倒あんごこうだん 08 すとりっぷばとうアンゴコウダン 08 ストリップバトウ新/新
安吾巷談 09 田園ハレムあんごこうだん 09 でんえんはれむアンゴコウダン 09 デンエンハレム新/新
安吾巷談 10 世界新記録病あんごこうだん 10 せかいしんきろくびょうアンゴコウダン 10 セカイシンキロクビョウ新/新
安吾巷談 11 教祖展覧会あんごこうだん 11 きょうそてんらんかいアンゴコウダン 11 キョウソテンランカイ新/新
安吾巷談 12 巷談師退場あんごこうだん 12 こうだんしたいじょうアンゴコウダン 12 コウダンシタイジョウ新/新
安吾下田外史あんごしもだがいしアンゴシモダガイシ新/新
安吾人生案内 01 その一 〔判官巷を往く〕あんごじんせいあんない 01 そのいち 〔はんがんちまたをゆく〕アンゴジンセイアンナイ 01 ソノイチ 〔ハンガンチマタヲユク〕新/新
安吾人生案内 02 その二 大岡越前守あんごじんせいあんない 02 そのに おおおかえちぜんのかみアンゴジンセイアンナイ 02 ソノニ オオオカエチゼンノカミ新/新
安吾人生案内 03 その三 精神病診断書あんごじんせいあんない 03 そのさん せいしんびょうしんだんしょアンゴジンセイアンナイ 03 ソノサン セイシンビョウシンダンショ新/新
安吾人生案内 04 その四 人形の家あんごじんせいあんない 04 そのよん にんぎょうのいえアンゴジンセイアンナイ 04 ソノヨン ニンギョウノイエ新/新
安吾人生案内 05 その五 衆生開眼あんごじんせいあんない 05 そのご しゅじょうかいがんアンゴジンセイアンナイ 05 ソノゴ シュジョウカイガン新/新
安吾人生案内 06 その六 暗い哉 東洋よあんごじんせいあんない 06 そのろく くらいかな とうようよアンゴジンセイアンナイ 06 ソノロク クライカナ トウヨウヨ新/新
安吾人生案内 07 その七 宮様は一級紳士あんごじんせいあんない 07 そのしち みやさまはいっきゅうしんしアンゴジンセイアンナイ 07 ソノシチ ミヤサマハイッキュウシンシ新/新
安吾人生案内 08 その八 安吾愛妻物語あんごじんせいあんない 08 そのはち あんごあいさいものがたりアンゴジンセイアンナイ 08 ソノハチ アンゴアイサイモノガタリ新/新
安吾の新日本地理 01 安吾・伊勢神宮にゆくあんごのしんにほんちり 01 あんご・いせじんぐうにゆくアンゴノシンニホンチリ 01 アンゴ・イセジングウニユク新/新
安吾の新日本地理 02 道頓堀罷り通るあんごのしんにほんちり 02 どうとんぼりまかりとおるアンゴノシンニホンチリ 02 ドウトンボリマカリトオル新/新
安吾の新日本地理 03 伊達政宗の城へ乗込む――仙台の巻――あんごのしんにほんちり 03 だてまさむねのしろへのりこむ――せんだいのまき――アンゴノシンニホンチリ 03 ダテマサムネノシロヘノリコム――センダイノマキ――新/新
安吾の新日本地理 04 飛鳥の幻――吉野・大和の巻――あんごのしんにほんちり 04 あすかのまぼろし――よしの・やまとのまき――アンゴノシンニホンチリ 04 アスカノマボロシ――ヨシノ・ヤマトノマキ――新/新
安吾の新日本地理 05 消え失せた沙漠―大島の巻―― - 公開準備中あんごのしんにほんちり 05 きえうせたさばく―おおしまのまき――アンゴノシンニホンチリ 05 キエウセタサバク―オオシマノマキ――新/新
安吾の新日本地理 06 長崎チャンポン――九州の巻――あんごのしんにほんちり 06 ながさきちゃんぽん――きゅうしゅうのまき――アンゴノシンニホンチリ 06 ナガサキチャンポン――キュウシュウノマキ――新/新
安吾の新日本地理 07 飛騨・高山の抹殺――中部の巻――あんごのしんにほんちり 07 ひだ・たかやまのまっさつ――ちゅうぶのまき――アンゴノシンニホンチリ 07 ヒダ・タカヤマノマッサツ――チュウブノマキ――新/新
安吾の新日本地理 08 宝塚女子占領軍――阪神の巻――あんごのしんにほんちり 08 たからづかじょしせんりょうぐん――はんしんのまき――アンゴノシンニホンチリ 08 タカラヅカジョシセンリョウグン――ハンシンノマキ――新/新
安吾の新日本地理 09 秋田犬訪問記――秋田の巻――あんごのしんにほんちり 09 あきたけんほうもんき――あきたのまき――アンゴノシンニホンチリ 09 アキタケンホウモンキ――アキタノマキ――新/新
安吾の新日本地理 10 高麗神社の祭の笛――武蔵野の巻――あんごのしんにほんちり 10 こまじんじゃのまつりのふえ――むさしののまき――アンゴノシンニホンチリ 10 コマジンジャノマツリノフエ――ムサシノノマキ――新/新
安吾武者修業 馬庭念流訪問記あんごむしゃしゅぎょう まにわねんりゅうほうもんきアンゴムシャシュギョウ マニワネンリュウホウモンキ新/新
家康いえやすイエヤス新/旧
育児いくじイクジ新/新
囲碁修業いごしゅぎょうイゴシュギョウ新/旧
遺恨いこんイコン新/新
居酒屋の聖人いざかやのせいじんイザカヤノセイジン新/旧
意識と時間との関係いしきとじかんとのかんけいイシキトジカントノカンケイ新/旧
石の思ひいしのおもいイシノオモイ新/旧
いづこへいずこへイズコヘ新/旧
一家言を排すいっかげんをはいすイッカゲンヲハイス新/旧
生命拾ひをした話いのちびろいをしたはなしイノチビロイヲシタハナシ新/旧
『異邦人』に就いて『いほうじん』について『イホウジン』ニツイテ新/新
インテリの感傷いんてりのかんしょうインテリノカンショウ新/新
海の霧うみのきりウミノキリ新/旧
裏切りうらぎりウラギリ新/新
エゴイズム小論えごいずむしょうろんエゴイズムショウロン新/旧
遠大なる心構えんだいなるこころがまえエンダイナルココロガマエ新/旧
大井広介といふ男 ――並びに註文ひとつの事――おおいひろすけというおとこ ――ならびにちゅうもんひとつのこと――オオイヒロスケトイウオトコ ――ナラビニチュウモンヒトツノコト――新/旧
大阪の反逆おおさかのはんぎゃくオオサカノハンギャク新/旧
お魚女史おさかなじょしオサカナジョシ新/新
お喋り競争おしゃべりきょうそうオシャベリキョウソウ新/旧
織田信長おだのぶながオダノブナガ新/新
お奈良さまおならさまオナラサマ新/新
おみなおみなオミナ新/新
をみなおみなオミナ新/旧
オモチャ箱おもちゃばこオモチャバコ新/旧
女占師の前にておんなうらないしのまえにてオンナウラナイシノマエニテ新/旧
温浴おんよくオンヨク新/新

ページの先頭へ

か行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
外套と青空がいとうとあおぞらガイトウトアオゾラ新/旧
外来語是非がいらいごぜひガイライゴゼヒ新/旧
我鬼がきガキ新/旧
咢堂小論がくどうしょうろんガクドウショウロン新/旧
影のない犯人かげのないはんにんカゲノナイハンニン新/新
かげろふ談義 ――菱山修三へ――かげろうだんぎ ――ひしやましゅうぞうへ――カゲロウダンギ ――ヒシヤマシュウゾウヘ――新/旧
“歌笑”文化“かしょう”ぶんか“カショウ”ブンカ新/新
カストリ社事件かすとりしゃじけんカストリシャジケン新/新
風と光と二十の私とかぜとひかりとはたちのわたしとカゼトヒカリトハタチノワタシト新/新
風博士かぜはかせカゼハカセ新/新
風博士かぜはかせカゼハカセ新/旧
悲しい新風かなしいしんぷうカナシイシンプウ新/新
蟹の泡かにのあわカニノアワ新/旧
神サマを生んだ人々かみさまをうんだひとびとカミサマヲウンダヒトビト新/新
「花妖」作者の言葉「かよう」さくしゃのことば「カヨウ」サクシャノコトバ新/新
閑山かんざんカンザン新/旧
感想家の生れでるためにかんそうかのうまれでるためにカンソウカノウマレデルタメニ新/新
肝臓先生かんぞうせんせいカンゾウセンセイ新/新
巻頭随筆かんとうずいひつカントウズイヒツ新/旧
観念的その他かんねんてきそのたカンネンテキソノタ新/旧
気候と郷愁きこうときょうしゆうキコウトキョウシユウ新/旧
北と南きたとみなみキタトミナミ新/旧
教祖の文学きょうそのぶんがくキョウソノブンガク新/旧
梟雄きょうゆうキョウユウ新/新
切捨御免 ――貞操なきジャーナリズム――きりすてごめん ――せっそうなきじゃーなりずむ――キリステゴメン ――セッソウナキジャーナリズム――新/新
桐生通信きりゅうつうしんキリュウツウシン新/新
近況報告きんきょうほうこくキンキョウホウコク新/新
金銭無情きんせんむじょうキンセンムジョウ新/新
ぐうたら戦記ぐうたらせんきグウタラセンキ新/新
九段くだんクダン新/新
暗い青春くらいせいしゅんクライセイシュン新/旧
黒田如水くろだじょすいクロダジョスイ新/旧
黒谷村くろたにむらクロタニムラ新/旧
群集の人ぐんしゅうのひとグンシュウノヒト新/旧
敬語論けいごろんケイゴロン新/新
芸道地に堕つげいどうちにおつゲイドウチニオツ新/新
桂馬の幻想けいまのげんそうケイマノゲンソウ新/新
決戦川中島 上杉謙信の巻 ――越後守安吾将軍の奮戦記――けっせんかわなかじま うえすぎけんしんのまき ――えちごのかみあんごしょうぐんのふんせんき――ケッセンカワナカジマ ウエスギケンシンノマキ ――エチゴノカミアンゴショウグンノフンセンキ――新/新
決闘けっとうケットウ新/旧
現実主義者げんじつしゅぎしゃゲンジツシュギシャ新/旧
剣術の極意を語るけんじゅつのごくいをかたるケンジュツノゴクイヲカタル新/旧
現代とは?げんだいとは?ゲンダイトハ?新/新
現代忍術伝げんだいにんじゅつでんゲンダイニンジュツデン新/新
現代の詐術げんだいのさじゅつゲンダイノサジュツ新/新
恋をしに行く(「女体」につゞく)こいをしにいく(「にょたい」につづく)コイヲシニイク(「ニョタイ」ニツヅク)新/旧
行雲流水こううんりゅうすいコウウンリュウスイ新/新
後記〔『道鏡』〕こうき(『どうきょう』)コウキ(『ドウキョウ』)新/旧
後記〔『炉辺夜話集』〕こうき〔『ろへんやわしゅう』〕コウキ〔『ロヘンヤワシュウ』〕新/旧
後記にかえて〔『教祖の文学』〕こうきにかえて〔『きょうそのぶんがく』〕コウキニカエテ〔『キョウソノブンガク』〕新/新
巷談師こうだんしコウダンシ新/新
講談先生こうだんせんせいコウダンセンセイ新/新
講談先生こうだんせんせいコウダンセンセイ新/旧
傲慢な眼ごうまんなめゴウマンナメ新/旧
五月の詩ごがつのうたゴガツノウタ新/旧
木枯の酒倉から ――聖なる酔つ払ひは神々の魔手に誘惑された話――こがらしのさかぐらから ――せいなるよっぱらいはかみがみのまのてにゆうわくされたはなし――コガラシノサカグラカラ ――セイナルヨッパライハカミガミノマノテニユウワクサレタハナシ――新/旧
呉清源ごせいげんゴセイゲン新/新
古都ことコト新/旧
孤独閑談こどくかんだんコドクカンダン新/旧
碁にも名人戦つくれごにもめいじんせんつくれゴニモメイジンセンツクレ新/新
小林さんと私のツキアイこばやしさんとわたしのつきあいコバヤシサントワタシノツキアイ新/新
娯楽奉仕の心構へごらくほうしのこころがまえゴラクホウシノココロガマエ新/旧
ゴルフと「悪い仲間」ごるふと「わるいなかま」ゴルフト「ワルイナカマ」新/新
今後の寺院生活に対する私考こんごのじいんせいかつにたいするしこうコンゴノジインセイカツニタイスルシコウ新/新
今後の寺院生活に対する私考こんごのじいんせいかつにたいするしこうコンゴノジインセイカツニタイスルシコウ新/旧
今日の感想こんにちのかんそうコンニチノカンソウ新/新
今日の感想こんにちのかんそうコンニチノカンソウ新/旧

ページの先頭へ

さ行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
再版に際して〔『吹雪物語』〕さいはんにさいして(『ふぶきものがたり』)サイハンニサイシテ(『フブキモノガタリ』)新/旧
坂口流の将棋観さかぐちりゅうのしょうぎかんサカグチリュウノショウギカン新/新
作者の言分 ――八月創作評を読んで――さくしゃのいいぶん ――はつがつそうさくひょうをよんで――サクシャノイイブン ――ハツガツソウサクヒョウヲヨンデ――新/旧
作者の言葉〔『火 第一部』〕さくしゃのことば〔『ひ だいいちぶ』〕サクシャノコトバ〔『ヒ ダイイチブ』〕新/新
作者附記〔「火」『群像』連載第一回〕さくしゃふき〔「ひ」『ぐんぞう』れんさいだいいっかい〕サクシャフキ〔「ヒ」『グンゾウ』レンサイダイイッカイ〕新/新
桜の森の満開の下さくらのもりのまんかいのしたサクラノモリノマンカイノシタ新/新
酒のあとさきさけのあとさきサケノアトサキ新/旧
作家論についてさっかろんについてサッカロンニツイテ新/旧
三十歳さんじゅっさいサンジュッサイ新/新
山麓さんろくサンロク新/旧
志賀直哉に文学の問題はないしがなおやにぶんがくのもんだいはないシガナオヤニブンガクノモンダイハナイ新/新
市井閑談しせいかんだんシセイカンダン新/旧
「刺青殺人事件」を評す「しせいさつじんじけん」をひょうす「シセイサツジンジケン」ヲヒョウス新/新
思想と文学しそうとぶんがくシソウトブンガク新/新
思想なき眼 ――「危険な関係」に寄せて――しそうなきめ ――「きけんなかんけい」によせて――シソウナキメ ――「キケンナカンケイ」ニヨセテ――新/旧
死と影しとかげシトカゲ新/新
死と鼻唄しとはなうたシトハナウタ新/旧
篠笹の陰の顔しのざさのかげのかおシノザサノカゲノカオ新/旧
島原一揆異聞しまばらいっきいぶんシマバライッキイブン新/旧
島原の乱雑記しまばらのらんざっきシマバラノランザッキ新/旧
邪教問答じゃきょうもんどうジャキョウモンドウ新/新
集団見合しゅうだんみあいシュウダンミアイ新/新
宿命の CANDIDEしゅくめいのかんでぃーどシュクメイノカンディード新/旧
出家物語しゅっけものがたりシュッケモノガタリ新/新
序〔『逃げたい心』〕じょ(『にげたいこころ』)ジョ(『ニゲタイココロ』)新/旧
将棋の鬼しょうぎのおにショウギノオニ新/新
正午の殺人しょうごのさつじんショウゴノサツジン新/新
勝負師しょうぶしショウブシ新/旧
処女作前後の思ひ出しょじょさくぜんごのおもいでショジョサクゼンゴノオモイデ新/旧
女性に薦める図書〔アンケート回答〕じょせいにすすめるとしょ〔あんけーとかいとう〕ジョセイニススメルトショ〔アンケートカイトウ〕新/旧
白井明先生に捧ぐる言葉しらいあきらせんせいにささぐることばシライアキラセンセイニササグルコトバ新/新
ジロリの女じろりのおんなジロリノオンナ新/新
新カナヅカヒの問題しんかなづかいのもんだいシンカナヅカイノモンダイ新/旧
神経衰弱的野球美学論しんけいすいじゃくてきやきゅうびがくろんシンケイスイジャクテキヤキュウビガクロン新/新
新作いろは加留多しんさくいろはがるたシンサクイロハガルタ新/旧
真珠しんじゅシンジュ新/旧
新春・日本の空を飛ぶしんしゅん・にほんのそらをとぶシンシュン・ニホンノソラヲトブ新/新
新人へしんじんへシンジンヘ新/新
人生案内じんせいあんないジンセイアンナイ新/新
人生三つの愉しみじんせいみっつのたのしみジンセイミッツノタノシミ新/新
真相かくの如ししんそうかくのごとしシンソウカクノゴトシ新/新
神童でなかつたラムボオの詩しんどうでなかったらむぼおのしシンドウデナカッタラムボオノシ新/旧
深夜は睡るに限ることしんやはねむるにかぎることシンヤハネムルニカギルコト新/新
心霊殺人事件しんれいさつじんじけんシンレイサツジンジケン新/新
推理小説についてすいりしょうせつについてスイリショウセツニツイテ新/新
推理小説論すいりしょうせつろんスイリショウセツロン新/新
スタンダアルの文体すたんだあるのぶんたいスタンダアルノブンタイ新/旧
砂をかむすなをかむスナヲカム新/新
スポーツ・文学・政治すぽーつ・ぶんがく・せいじスポーツ・ブンガク・セイジ新/新
相撲の放送すもうのほうそうスモウノホウソウ新/旧
青春論せいしゅんろんセイシュンロン新/新
精神病覚え書せいしんびょうおぼえがきセイシンビョウオボエガキ新/新
清太は百年語るべしせいたはひゃくねんかたるべしセイタハヒャクネンカタルベシ新/旧
世評と自分せひょうとじぶんセヒョウトジブン新/新
蝉 ――あるミザントロープの話――せみ ――あるみざんとろーぷのはなし――セミ ――アルミザントロープノハナシ――新/旧
選挙殺人事件せんきょさつじんじけんセンキョサツジンジケン新/新
戦後合格者せんごごうかくしゃセンゴゴウカクシャ新/新
戦後新人論せんごしんじんろんセンゴシンジンロン新/新
禅僧ぜんそうゼンソウ新/旧
戦争と一人の女せんそうとひとりのおんなセンソウトヒトリノオンナ新/旧
戦争論せんそうろんセンソウロン新/新
想片そうへんソウヘン新/旧
総理大臣が貰つた手紙の話そうりだいじんがもらったてがみのはなしソウリダイジンガモラッタテガミノハナシ新/旧
曽我の暴れん坊そがのあばれんぼうソガノアバレンボウ新/新
続戦争と一人の女ぞくせんそうとひとりのおんなゾクセンソウトヒトリノオンナ新/旧
続堕落論ぞくだらくろんゾクダラクロン新/新
俗物性と作家ぞくぶつせいとさっかゾクブツセイトサッカ新/新

ページの先頭へ

た行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
醍醐の里だいごのさとダイゴノサト新/旧
第二芸術論についてだいにげいじゅつろんについてダイニゲイジュツロンニツイテ新/旧
退歩主義者たいほしゅぎしゃタイホシュギシャ新/新
大望をいだく河童たいもうをいだくかっぱタイモウヲイダクカッパ新/新
太宰治情死考だざいおさむじょうしこうダザイオサムジョウシコウ新/新
たゞの文学ただのぶんがくタダノブンガク新/旧
愉しい夢の中にてたのしいゆめのなかにてタノシイユメノナカニテ新/旧
堕落論だらくろんダラクロン新/新
男女の交際についてだんじょのこうさいについてダンジョノコウサイニツイテ新/新
探偵小説とはたんていしょうせつとはタンテイショウセツトハ新/新
探偵小説を截るたんていしょうせつをきるタンテイショウセツヲキル新/新
探偵の巻たんていのまきタンテイノマキ新/新
単独犯行に非ずたんどくはんこうにあらずタンドクハンコウニアラズ新/新
小さな山羊の記録ちいさなやぎのきろくチイサナヤギノキロク新/新
ちかごろの酒の話ちかごろのさけのはなしチカゴロノサケノハナシ新/新
地方文化の確立についてちほうぶんかのかくりつについてチホウブンカノカクリツニツイテ新/旧
茶番に寄せてちゃばんによせてチャバンニヨセテ新/新
茶番に寄せてちゃばんによせてチャバンニヨセテ新/旧
中庸ちゅうようチュウヨウ新/新
町内の二天才ちょうないのにてんさいチョウナイノニテンサイ新/新
長篇小説時評ちょうへんしょうせつじひょうチョウヘンショウセツジヒョウ新/旧
散る日本ちるにほんチルニホン新/旧
通俗作家 荷風 ――『問はず語り』を中心として――つうぞくさっか かふう ――『とわずがたり』をちゅうしんとして――ツウゾクサッカ カフウ ――『トワズガタリ』ヲチュウシントシテ――新/旧
通俗と変貌とつうぞくとへんぼうとツウゾクトヘンボウト新/旧
月日の話つきひのはなしツキヒノハナシ新/新
机と布団と女つくえとふとんとおんなツクエトフトントオンナ新/新
土の中からの話つちのなかからのはなしツチノナカカラノハナシ新/新
土の中からの話つちのなかからのはなしツチノナカカラノハナシ新/旧
露の答つゆのこたえツユノコタエ新/旧
露の答 ぬばたまのなにかと人の問ひしとき露とこたへて消なましものをつゆのこたえ ぬばたまのなにかとひとのといしときつゆとこたえてきえなましものをツユノコタエ ヌバタマノナニカトヒトノトイシトキツユトコタエテキエナマシモノヲ新/新
釣り師の心境つりしのしんきょうツリシノシンキョウ新/新
D・D・Tと万年床でぃー・でぃー・てぃーとまんねんどこディー・ディー・ティートマンネンドコ新/新
帝銀事件を論ずていぎんじけんをろんずテイギンジケンヲロンズ新/新
貞操の幅と限界ていそうのはばとげんかいテイソウノハバトゲンカイ新/新
デカダン文学論でかだんぶんがくろんデカダンブンガクロン新/旧
手紙雑談てがみざつだんテガミザツダン新/旧
鉄砲てっぽうテッポウ新/旧
てのひら自伝てのひらじでんテノヒラジデン新/新
天才になりそこなつた男の話てんさいになりそこなったおとこのはなしテンサイニナリソコナッタオトコノハナシ新/旧
伝統の無産者でんとうのむさんしゃデントウノムサンシャ新/旧
天皇小論てんのうしょうろんテンノウショウロン新/旧
天皇陛下にさゝぐる言葉てんのうへいかにささぐることばテンノウヘイカニササグルコトバ新/新
道鏡どうきょうドウキョウ新/旧
当世らくがき帖とうせいらくがきちょうトウセイラクガキチョウ新/旧
ドストエフスキーとバルザックどすとえふすきーとばるざっくドストエフスキートバルザック新/旧
特攻隊に捧ぐとっこうたいにささぐトッコウタイニササグ新/新

ページの先頭へ

な行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
長島の死ながしまのしナガシマノシ新/新
中村地平著「長耳国漂流記」なかむらちへいちょ「ながみみこくひょうりゅうき」ナカムラチヘイチョ「ナガミミコクヒョウリュウキ」新/旧
夏と人形なつとにんぎょうナツトニンギョウ新/旧
波子なみこナミコ新/旧
南風譜 ――牧野信一へ――なんぷうふ ――まきのしんいちへ――ナンプウフ ――マキノシンイチヘ――新/旧
新潟の酒にいがたのさけニイガタノサケ新/旧
握った手にぎったてニギッタテ新/新
肉体自体が思考するにくたいじたいがしこうするニクタイジタイガシコウスル新/旧
二合五勺に関する愛国的考察にごうごしゃくにかんするあいこくてきこうさつニゴウゴシャクニカンスルアイコクテキコウサツ新/新
西荻随筆にしおぎずいひつニシオギズイヒツ新/新
霓博士の廃頽にじはかせのはいたいニジハカセノハイタイ新/旧
西東にしひがしニシヒガシ新/旧
二十一にじゅういちニジュウイチ新/新
二十七歳にじゅうななさいニジュウナナサイ新/旧
日映の思い出にちえいのおもいでニチエイノオモイデ新/新
日月様にちげつさまニチゲツサマ新/新
日本人に就て ――中島健蔵氏へ質問――にほんじんについて ――なかじまけんぞうしへしつもん――ニホンジンニツイテ ――ナカジマケンゾウシヘシツモン――新/旧
日本精神にほんせいしんニホンセイシン新/旧
日本の詩人にほんのしじんニホンノシジン新/旧
日本の水を濁らすなにほんのみずをにごらすなニホンノミズヲニゴラスナ新/新
日本の山と文学にほんのやまとぶんがくニホンノヤマトブンガク新/旧
日本文化私観にほんぶんかしかんニホンブンカシカン新/新
ニューフェイスにゅーふぇいすニューフェイス新/新
女体にょたいニョタイ新/旧
二流の人にりゅうのひとニリュウノヒト新/新
“能筆ジム”“のうひつじむ”“ノウヒツジム”新/新
能面の秘密のうめんのひみつノウメンノヒミツ新/新
「信長」作者のことば「のぶなが」さくしゃのことば「ノブナガ」サクシャノコトバ新/新

ページの先頭へ

は行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
白痴はくちハクチ新/新
発掘した美女はっくつしたびじょハックツシタビジョ新/新
「花」の確立「はな」のかくりつ「ハナ」ノカクリツ新/旧
花咲ける石はなさけるいしハナサケルイシ新/新
花田清輝論はなだきよてるろんハナダキヨテルロン新/旧
花火はなびハナビ新/旧
ははハハ新/旧
母の上京ははのじょうきょうハハノジョウキョウ新/新
母を殺した少年ははをころしたしょうねんハハヲコロシタショウネン新/旧
破門はもんハモン新/旧
反スタイルの記はんすたいるのきハンスタイルノキ新/新
パンパンガールぱんぱんがーるパンパンガール新/旧
ピエロ伝道者ぴえろでんどうしゃピエロデンドウシャ新/新
ピエロ伝道者ぴえろでんどうしゃピエロデンドウシャ新/旧
Pierre Philosophaleぴえーる ふいろぞふぁるピエール フイロゾファル新/旧
悲願に就て ――「文芸」の作品批評に関聯して――ひがんについて ――「ぶんげい」のさくひんひひょうにかんれんして――ヒガンニツイテ ――「ブンゲイ」ノサクヒンヒヒョウニカンレンシテ――新/新
飛騨の顔ひだのかおヒダノカオ新/新
投手殺人事件ぴっちゃーさつじんじけんピッチャーサツジンジケン新/新
人の子の親となりてひとのこのおやとなりてヒトノコノオヤトナリテ新/新
ヒノエウマの話ひのえうまのはなしヒノエウマノハナシ新/新
百万人の文学ひゃくまんにんのぶんがくヒャクマンニンノブンガク新/新
便乗型の暴力 ――競輪その他――びんじょうがたのぼうりょく ――けいりんそのた――ビンジョウガタノボウリョク ――ケイリンソノタ――新/新
ヒンセザレバドンスひんせざればどんすヒンセザレバドンス新/旧
FARCE に就てふぁるすについてファルスニツイテ新/旧
風人録ふうじんろくフウジンロク新/旧
不可解な失恋に就てふかかいなしつれんについてフカカイナシツレンニツイテ新/旧
フシギな女ふしぎなおんなフシギナオンナ新/新
不思議な機構ふしぎなきこうフシギナキコウ新/新
不良少年とキリストふりょうしょうねんときりすとフリョウショウネントキリスト新/新
ふるさとに寄する讃歌 夢の総量は空気であったふるさとによするさんか ゆめのそうりょうはくうきであったフルサトニヨスルサンカ ユメノソウリョウハクウキデアッタ新/新
ふるさとに寄する讃歌 夢の総量は空気であつたふるさとによするさんか ゆめのそうりょうはくうきであったフルサトニヨスルサンカ ユメノソウリョウハクウキデアッタ新/旧
フロオべエル雑感ふろおべえるざっかんフロオベエルザッカン新/旧
文学と国民生活ぶんがくとこくみんせいかつブンガクトコクミンセイカツ新/旧
文学のふるさとぶんがくのふるさとブンガクノフルサト新/新
文学のふるさとぶんがくのふるさとブンガクノフルサト新/旧
文化祭ぶんかさいブンカサイ新/新
「文芸冊子」について「ぶんげいさうし」について「ブンゲイサウシ」ニツイテ新/旧
文章その他ぶんしょうそのたブンショウソノタ新/旧
文章の一形式ぶんしょうのいちけいしきブンショウノイチケイシキ新/旧
文章のカラダマぶんしょうのからだまブンショウノカラダマ新/旧
文人囲碁会ぶんじんいごかいブンジンイゴカイ新/新
分裂的な感想ぶんれつてきなかんそうブンレツテキナカンソウ新/旧
勉強記べんきょうきベンキョウキ新/新
帆影ほかげホカゲ新/旧
朴水の婚礼ぼくすいのこんれいボクスイノコンレイ新/新
僕はもう治っているぼくはもうなおっているボクハモウナオッテイル新/新
保久呂天皇ほくろてんのうホクロテンノウ新/新
本困坊・呉清源十番碁観戦記ほんいんぼう・ごせいげんじゅうばんごかんせんきホンインボウ・ゴセイゲンジュウバンゴカンセンキ新/新
本郷の並木道ほんごうのなみきみちホンゴウノナミキミチ新/旧

ページの先頭へ

ま行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
牧野さんの祭典によせてまきのさんのさいてんによせてマキノサンノサイテンニヨセテ新/旧
牧野さんの死まきのさんのしマキノサンノシ新/旧
街はふるさとまちはふるさとマチハフルサト新/新
「街はふるさと」作者の言葉「まちはふるさと」さくしゃのことば「マチハフルサト」サクシャノコトバ新/新
馬庭念流のことまにわねんりゅうのことマニワネンリュウノコト新/新
魔の退屈まのたいくつマノタイクツ新/旧
水鳥亭みずとりていミズトリテイ新/新
未来のためにみらいのためにミライノタメニ新/新
無題むだいムダイ新/旧
無毛談 ――横山泰三にさゝぐ――むもうだん ――よこやまたいぞうにささぐ――ムモウダン ――ヨコヤマタイゾウニササグ――新/新
紫大納言むらさきだいなごんムラサキダイナゴン新/新
明治開化 安吾捕物 01 読者への口上めいじかいか あんごとりもの 01 どくしゃへのこうじょうメイジカイカ アンゴトリモノ 01 ドクシャヘノコウジョウ新/新
明治開化 安吾捕物 02 その一 舞踏会殺人事件めいじかいか あんごとりもの 02 そのいち ぶとうかいさつじんじけんメイジカイカ アンゴトリモノ 02 ソノイチ ブトウカイサツジンジケン新/新
明治開化 安吾捕物 03 その二 密室大犯罪めいじかいか あんごとりもの 03 そのに みっしつだいはんざいメイジカイカ アンゴトリモノ 03 ソノニ ミッシツダイハンザイ新/新
明治開化 安吾捕物 04 その三 魔教の怪めいじかいか あんごとりもの 04 そのさん まきょうのかいメイジカイカ アンゴトリモノ 04 ソノサン マキョウノカイ新/新
明治開化 安吾捕物 05 その四 ああ無情めいじかいか あんごとりもの 05 そのよん ああむじょうメイジカイカ アンゴトリモノ 05 ソノヨン アアムジョウ新/新
明治開化 安吾捕物 06 その五 万引家族めいじかいか あんごとりもの 06 そのご まんびきかぞくメイジカイカ アンゴトリモノ 06 ソノゴ マンビキカゾク新/新
明治開化 安吾捕物 07 その六 血を見る真珠めいじかいか あんごとりもの 07 そのろく ちをみるしんじゅメイジカイカ アンゴトリモノ 07 ソノロク チヲミルシンジュ新/新
明治開化 安吾捕物 08 その七 石の下めいじかいか あんごとりもの 08 そのしち いしのしたメイジカイカ アンゴトリモノ 08 ソノシチ イシノシタ新/新
明治開化 安吾捕物 09 その八 時計館の秘密めいじかいか あんごとりもの 09 そのはち とけいかんのひみつメイジカイカ アンゴトリモノ 09 ソノハチ トケイカンノヒミツ新/新
明治開化 安吾捕物 10 その九 覆面屋敷めいじかいか あんごとりもの 10 そのく ふくめんやしきメイジカイカ アンゴトリモノ 10 ソノク フクメンヤシキ新/新
明治開化 安吾捕物 11 その十 冷笑鬼めいじかいか あんごとりもの 11 そのじゅう れいしょうきメイジカイカ アンゴトリモノ 11 ソノジュウ レイショウキ新/新
明治開化 安吾捕物 12 その十一 稲妻は見たりめいじかいか あんごとりもの 12 そのじゅういち いなずまはみたりメイジカイカ アンゴトリモノ 12 ソノジュウイチ イナズマハミタリ新/新
明治開化 安吾捕物 13 その十二 愚妖めいじかいか あんごとりもの 13 そのじゅうに ぐようメイジカイカ アンゴトリモノ 13 ソノジュウニ グヨウ新/新
明治開化 安吾捕物 14 その十三 幻の塔めいじかいか あんごとりもの 14 そのじゅうさん まぼろしのとうメイジカイカ アンゴトリモノ 14 ソノジュウサン マボロシノトウ新/新
明治開化 安吾捕物 15 その十四 ロッテナム美人術めいじかいか あんごとりもの 15 そのじゅうよん ろってなむびじんじゅつメイジカイカ アンゴトリモノ 15 ソノジュウヨン ロッテナムビジンジュツ新/新
明治開化 安吾捕物 16 その十五 赤罠めいじかいか あんごとりもの 16 そのじゅうご あかわなメイジカイカ アンゴトリモノ 16 ソノジュウゴ アカワナ新/新
明治開化 安吾捕物 17 その十六 家族は六人・目一ツ半めいじかいか あんごとりもの 17 そのじゅうろく かぞくはろくにん・めひとつはんメイジカイカ アンゴトリモノ 17 ソノジュウロク カゾクハロクニン・メヒトツハン新/新
明治開化 安吾捕物 18 その十七 狼大明神めいじかいか あんごとりもの 18 そのじゅうしち おおかみだいみょうじんメイジカイカ アンゴトリモノ 18 ソノジュウシチ オオカミダイミョウジン新/新
明治開化 安吾捕物 19 その十八 踊る時計めいじかいか あんごとりもの 19 そのじゅうはち おどるとけいメイジカイカ アンゴトリモノ 19 ソノジュウハチ オドルトケイ新/新
明治開化 安吾捕物 20 その十九 乞食男爵めいじかいか あんごとりもの 20 そのじゅうく こじきだんしゃくメイジカイカ アンゴトリモノ 20 ソノジュウク コジキダンシャク新/新
明治開化 安吾捕物 21 その二十 トンビ男めいじかいか あんごとりもの 21 そのにじゅう とんびおとこメイジカイカ アンゴトリモノ 21 ソノニジュウ トンビオトコ新/新
明治開化 安吾捕物帖 読者への口上めいじかいか あんごとりものちょう どくしゃへのこうじょうメイジカイカ アンゴトリモノチョウ ドクシャヘノコウジョウ新/新
もう軍備はいらないもうぐんびはいらないモウグンビハイラナイ新/新
文字と速力と文学もじとそくりょくとぶんがくモジトソクリョクトブンガク新/旧
餅のタタリもちのたたりモチノタタリ新/新
模範少年に疑義ありもはんしょうねんにぎぎありモハンショウネンニギギアリ新/旧
モンアサクサもんあさくさモンアサクサ新/新

ページの先頭へ

や行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
矢田津世子宛書簡やだつせこあてしょかんヤダツセコアテショカン新/新
山の神殺人やまのかみさつじんヤマノカミサツジン新/新
山の貴婦人やまのきふじんヤマノキフジン新/旧
ヤミ論語やみろんごヤミロンゴ新/新
幽霊と文学ゆうれいとぶんがくユウレイトブンガク新/旧
由起しげ子よエゴイストになれゆきしげこよえごいすとになれユキシゲコヨエゴイストニナレ新/新
欲望について ――プレヴォとラクロ――よくぼうについて ――ぷれヴぉとらくろ――ヨクボウニツイテ ――プレヴォトラクロ――新/旧
予告殺人事件よこくさつじんじけんヨコクサツジンジケン新/新
予告殺人事件よこくさつじんじけんヨコクサツジンジケン新/旧
夜長姫と耳男よながひめとみみおヨナガヒメトミミオ新/新
余はベンメイすよはべんめいすヨハベンメイス新/旧
ヨーロッパ的性格 ニッポン的性格よーろっぱてきせいかく にっぽんてきせいかくヨーロッパテキセイカク ニッポンテキセイカク新/新

ページの先頭へ

ら行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
落語・教祖列伝 01 神伝魚心流開祖らくご・きょうそれつでん 01 しんでんぎょしんりゅうかいそラクゴ・キョウソレツデン 01 シンデンギョシンリュウカイソ新/新
落語・教祖列伝 02 兆青流開祖らくご・きょうそれつでん 02 ちょうせいりゅうかいそラクゴ・キョウソレツデン 02 チョウセイリュウカイソ新/新
落語・教祖列伝 03 花天狗流開祖らくご・きょうそれつでん 03 はなてんぐりゅうかいそラクゴ・キョウソレツデン 03 ハナテングリュウカイソ新/新
落語・教祖列伝 04 飛燕流開祖らくご・きょうそれつでん 04 ひえんりゅうかいそラクゴ・キョウソレツデン 04 ヒエンリュウカイソ新/新
ラムネ氏のことらむねしのことラムネシノコト新/旧
理想の女りそうのおんなリソウノオンナ新/新
吝嗇神の宿 人生オペラ 第二回りんしょくしんのやど じんせいおぺら だいにかいリンショクシンノヤド ジンセイオペラ ダイニカイ新/新
淪落の青春りんらくのせいしゅんリンラクノセイシュン新/新
流浪の追憶るろうのついおくルロウノツイオク新/旧
歴史と現実れきしとげんじつレキシトゲンジツ新/旧
歴史と事実れきしとじじつレキシトジジツ新/新
恋愛論れんあいろんレンアイロン新/新
老嫗面ろううめんロウウメン新/旧
狼園ろうえんロウエン新/旧

ページの先頭へ

わ行

電子書籍タイトル読み仮名ヨミガナ仮名
わが工夫せるオジヤわがくふうせるおじやワガクフウセルオジヤ新/新
わが思想の息吹わがしそうのいぶきワガシソウノイブキ新/新
我が人生観 01 (一)生れなかった子供わがじんせいかん 01 (いち) うまれなかったこどもワガジンセイカン 01 (イチ) ウマレナカッタコドモ新/新
我が人生観 02 (二)俗悪の発見わがじんせいかん 02 (に) ぞくあくのはっけんワガジンセイカン 02 (ニ) ゾクアクノハッケン新/新
我が人生観 03 (三)私の役割わがじんせいかん 03 (さん) わたしのやくわりワガジンセイカン 03 (サン) ワタシノヤクワリ新/新
我が人生観 04 (四)孤独と好色わがじんせいかん 04 (し) こどくとこうしょくワガジンセイカン 04 (シ) コドクトコウショク新/新
我が人生観 05 (五)国宝焼亡結構論わがじんせいかん 05 (ご) こくほうしょうぼうけっこうろんワガジンセイカン 05 (ゴ) コクホウショウボウケッコウロン新/新
我が人生観 06 (六)日大ギャングわがじんせいかん 06 (ろく) にちだいぎゃんぐワガジンセイカン 06 (ロク) ニチダイギャング新/新
我が人生観 07 (七)芥川賞殺人犯人わがじんせいかん 07 (しち) あくたがわしょうさつじんはんにんワガジンセイカン 07 (シチ) アクタガワショウサツジンハンニン新/新
我が人生観 08 (八)安吾風流譚わがじんせいかん 08 (はち) あんごふうりゅうたんワガジンセイカン 08 (ハチ) アンゴフウリュウタン新/新
わが精神の周囲わがせいしんのしゅういワガセイシンノシュウイ新/新
わが戦争に対処せる工夫の数々わがせんそうにたいしょせるくふうのかずかずワガセンソウニタイショセルクフウノカズカズ新/新
わが血を追ふ人々わがちをおうひとびとワガチヲオウヒトビト新/新
訣れも愉しわかれもたのしワカレモタノシ新/旧
私の碁わたしのごワタシノゴ新/新
私の小説わたしのしょうせつワタシノショウセツ新/新
私の葬式わたしのそうしきワタシノソウシキ新/新
私の探偵小説わたしのたんていしょうせつワタシノタンテイショウセツ新/新
私は海をだきしめてゐたいわたしはうみをだきしめていたいワタシハウミヲダキシメテイタイ新/旧
私は誰?わたしはだれ?ワタシハダレ?新/新

ページの先頭へ

| | | | | | | | |

著者・作家別一覧 | 電子書籍一覧 | 電子書籍検索 | 運営情報 | お問い合わせ